体の神秘!テレビアニメ『はたらく細胞』1話を見た印象など

どうもみなさまこんにちは。管理人のたそです。

さて本日は、2018年夏から公開開始したテレビアニメ『はたらく細胞』の第一話の印象や感想をお話ししていきたいと思います。



『はたらく細胞』第一話感想

本作の一番のポイントは”擬人化”です。

第一話のメインキャラクター、赤血球!

擬人化というものはそれなりに需要があります。過去には船を擬人化した艦隊コレクションやアズールレーンなどの作品が一世を風靡したこともありました。

本作もそれらのように、今後ブレイクする(かも)という可能性を秘めていると思います。

上画像の赤血球ちゃんすごい可愛くないですか!

さらにこれは自分の身近(というか体内)なことについての擬人化なのでかなりポイント高いです。

第一話のタイトルにもなっている「肺炎球菌」です。わかりやすく””って感じしますね笑

そして白血球が強い。

しっかりと細胞の説明をしてくれているところもいいですね。するっと頭に入ってくる面白さがあります。

小学校の時の保険の授業かなんかで、「風邪を引くと白血球が頑張ってくれる」なんて説明をされた覚えがありますが、実感がどうしても湧かなかったのが正直なところ。

それをアニメという形に昇華させたことによってわかりやすくなっています。

白血球すごいかっこいい!

これワンクール全部見たら結構な知識がつくのではないでしょうか。

こう見ると肺炎球菌の恐ろしさがわかりますね。なるほど、危険は肺だけではない。勉強になります。

うぉぉぉぉ!めちゃめちゃ可愛い。本作の推しを見つけてしまった気がします。

自分の体にこんなに可愛い血小板ちゃんがいると思ったら、明日からなんか頑張れる気がします。

精鋭部隊登場です。高校の生物の授業でキラーT細胞はガンを殺すみたいなことを教わった気がします。とにかく強そうですね。

レセプターが止まった・・・。これは

やっぱりそうでしたね笑

実際こういうウイルスが体を巡るのは血液の循環によるものだと思いますので、だいたい同じなんですかね。

そして白血球さんの登場です。やっぱりかっこいいですね!

確かに白血球は組織内を自由に移動できるって習った気がします。

頑張れ白血球さん!!

なるほど、体にはこういうシステムもあるんですね。

くしゃみ号か、面白いですね。

普段くしゃみ止まらないと、困ったと思いますが体の中でこんなことが起こってると思うと、あんまり我慢するのは良くないですね。

最後にたくさんいる可愛い赤血球と白血球です。見分けつくんでしょうかこれ笑

最後にエンディングの血小板ちゃんです。やっぱり可愛いですね。



はたらく細胞1話まとめ

ということで「はたらく細胞」第一話の感想でした。

このアニメ端的にいってすごい面白いです。原作を読みたくなりましたね。

アニメを見ることで知識がつくというアニメは意外と少ないんですよね。あったとしても説明口調で退屈だったりします。

コメディ要素や可愛いキャラなどいろいろな要因から細胞の知識も紹介しつつ、視聴者も楽しめる構成になっているバランスの良いアニメだったと思います。

間違いなく視聴継続するべきアニメでしょう。

 

 

というわけで本日の記事はこの辺りで終わりたいと思います。

最後まで見てくださった方、ありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

 

コメント

お気軽にコメントをどうぞ。