オススメ度MAXのスポ根アニメ!『はねバド!』1話感想

どうもみなさまこんにちは。管理人のたそです。

2018年春アニメも終わり、夏アニメが始まりますね!

僕もぼちぼち夏アニメの1話を見はじめています。

さて本日は、1話を見た段階で、これは面白くなりそうだな!と個人的に思ったアニメ、『はねバド!』について第一話の印象なども含めてお話ししていきたいと思います。




はねバド!のあらすじ

運動神経抜群だが、
なぜかバドミントンを避ける1年生「羽咲綾乃」。
日本一を目指し、日夜練習に明け暮れる3年生の「荒垣なぎさ」。
部を支える仲間やコーチ、個性あふれるライバルたち。
超高速で舞う羽根(シャトル)に想いを乗せて
青春バドミントンストーリー開幕!!
引用:はねバド!公式サイト

本作、原作は講談社「good!アフタヌーン」にて連載されている作品です。 

アニメの内容はズバリ、王道スポーツアニメ!!

女の子たちがバドミントンというスポーツに真剣に向き合い、苦悩し、そして成長していく物語となっています。

といっても僕は原作を読んでいるわけではないので、こうなるのではないかな?という憶測ですが。

というわけで次から第一話で印象に残ったシーンをいくつかご紹介していきたいと思います。

第一話 「すっごい才能」

まず第一話冒頭のシーンです。主人公のなぎさのトラウマの元にもなるバドミントンの試合のシーンですね。

ここは作品のポイントというか、このシーンから物語が描かれはじめている原点のようなポイントなので、気合の入り方が違いましたね。

キャラの動きがやばいです(語彙力)

アニメとは思えない攻めたカメラワークやキャラの筋肉の書き込み、汗の表現など、様々な面から躍動感というものを演出しました。

この時点で、この作品はただのバドミントンアニメではないのだと感じさせてくれるものがありました。

第一話のサブタイトル「すっごい才能」や、冒頭のこのシーンで綾乃のバドミントンの才能、なぎさとの関係性などを端的に表していると思います。

青春アニメにおいて、「才能」や「努力」というのはどちらも外せない重要なファクターです。

最初のシーンで「才能」の綾乃、「努力」のなぎさという対立関係が明確になったことで今後の展開への期待が極限まで高められていると思いました。

またお互いに裏に何か抱えてそうな点がまたいいですね。

ちょっと・・・というかかなりシリアスです。

「才能なんて大してないんだから」

このセリフになぎさの複雑な心情が想起されます。

努力家だった彼女が、才能のある人に負けたことで生まれたやり場のない気持ちをぶつけていますね。

間違いなく自分に対しての言葉であると思います。

男子テニス部エースのサーブから友達を守る綾乃

綾乃の圧倒的な運動神経、才能をこれでもかと表現するシーンですね。

 

そして綾乃がバドミントン部に見学にくるこのシーンです。

1話の盛り上がりとしては最高だと思います。

努力では勝ち取れないものを持っているとまで言われてもバドミントン部に入りたがらない綾乃。

何らかの問題を抱えていることは明らかですが、ここは現段階では想像もできませんね。

この作品1クール作品であれば綾乃の抱えている問題に向き合った1クールになる可能性も大いにあります。

「バドミントンなんて何の意味もないです」

この主人公病みすぎ、とも思いますね。

「勝負しろ」

いやぁ、これはとてつもなく燃える展開です。

第一話はここで終わりになります。

作画、声優の演技、構成、最後の引き、あらゆる面で最高の1話だったと思います。

今後に期待が持てるアニメですね。



第一話まとめ

ということで第一話の簡単なまとめでした。本作品序盤からかなりの面白さで、原作もすごく気になっています。

昨今ここまでスポーツに対して誠実に、忠実に描いたいわゆる王道のスポ根アニメというものはなかなかなかったのではないでしょうか。

僕は確実に今季の覇権を狙えるアニメなのではないかなと期待しています。

というわけで本日の記事はこの辺りで・・・

最後まで見てくださった方ありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。





nbsp;

 

 

 

 

コメント

お気軽にコメントをどうぞ。