『水着少女』イラストメイキング

どうもこんにちは。管理人のたそです。

実は僕、趣味でイラストを描いておりまして、たまにtwitterやpixivなどで描いた絵を投稿しております。

今回は自分用の記録という意味も含めて、自分のイラストのメイキングというものを作って見ました。

なお管理人はそこまで絵がうまいわけではありませんので、悪しからず。

というわけで早速やっていきましょう。



メイキング

上画像が一番最初に描いたラフです。肌の色を濃いめに塗ることでラフの線を見やすくしています。

僕を含め、お絵かき初学者はラフの時線を何重にも描いてしまうんですよね。いわゆる迷い線というものが多い。

なので迷い線から主線を見極めるのにとても時間がかかってしまいました。

そして線画がこちらです。服、肌、髪と線の色を多少変えています。色を塗ると黒い線がとても浮いて見えてしまうんですよね。

線画の段階でデッサンの狂いがいくつかありますね。しかし描いてる時の僕はそれに気がつかなかった。色を塗って、全て完成して、全体を俯瞰して見たときに初めて気がつきました。

具体的には手とか足とか胸とかです。人体の勉強もチロッとしたんですけど、まだまだだった・・・。

キャラにとりあえずの下色を塗って見ました。

これは僕の好みの問題なのですが、肌の色はかなり薄めにしています。女の子の透き通るような感じを演出したかった・・・。

あと髪色ですが、今回金っぽい色と黒で悩んだのですが、目の色を明るめにしたので、対比的に黒にして、目に視線が行くようにして見ました。(視線誘導がうまくいってるかはわかりません)

ついで肌の塗り込みです。今回は正面からの光源を想定して描いて見ました。影を塗るのが一番苦手、というか練習の仕方がいまいちわかっていません。デッサンとかしているんですけど、いまいち「ここだ!」っていうポイントが見つからないんですよね。うまい人はどう考えているのだろうか・・・。

髪と目を塗り込みました。今回は黒髪ですので、あまりハイライトはきつい色にしていません。一番顔に近いところにあるハイライトも、通常レイヤーで水彩筆で塗っております。あまりハイライトを強く入れすぎてしまうと髪の毛だけなんか異質な感じになってしまうんですよね。

目に関してですが、今回描いたイラストはあまり目が大きすぎない、若干リアルよりのイラストになっております。僕はこういう作風の方が好きです。

なので目にもハイライトをあまり入れず、瞳孔をしっかりと書き込んでいます。

衣服の部分の影を描きました。基本的に衣服の影は水彩筆で伸ばしながら描いております。

肌のところでも言いましたが、基本的に影を描くのが苦手なもので、それは衣服では尚更です。この部分に関しては今後の課題ですね。

そして軽く背景を描きまして、完成です。

背景それだけ!?って感じですが、背景はまだノー勉でうまい人の見よう見まねなので、語れることがありません。ごめんなさい。

まとめ

というわけで簡単にですがメイキングをご紹介させていただきました。

twitter でのいいねやRTよろしくお願いいたします。

最後まで見てくださったかた、ありがとうございました。また次回の記事でお会いしましょう。



コメント

お気軽にコメントをどうぞ。