【超おすすめ】テレビアニメ「ゆるキャン△」の魅力と感想

どうもこんにちは、管理人のたそです。だんだんと暖かくなってきましたね!

さて今回は、2018年1月より放送されたテレビアニメ、「ゆるキャン△」についての魅力と感想についてお話していきたいと思います。

本日のメニューはこちらです。

・「ゆるキャン△」ってどんな作品?

・キャラクターの圧倒的可愛さ、背景の綺麗さ

・キャンプがしたくなる本格的なキャンプ描写

・「ゆるキャン△」はこんな人におすすめ!

・「ゆるキャン△」の総評

「ゆるキャン△」ってどんな作品?

「ゆるキャン△」とは、まんがタイムきららフォワードにて連載中の、あfろ先生の漫画が原作となったアニメです。

アニメの放送は2018年1月から、全12話が放映されました。簡単なあらすじはこちら。

静岡から山梨に引っ越してきた女子高校生・なでしこは、“千円札の絵にもなっている富士山”を見るために自転車を走らせて本栖湖まで行ったものの、あいにく天気はくもり空。富士山も望めず、疲れ果てたなでしこはその場で眠りこけてしまう。目覚めてみるとすっかり夜。初めての場所で、帰り道もわからない。心細さに怯えるなでしこを救ったのは、1人キャンプ好きの女の子・リンだった。
冷えた身体を温めるために焚き火にあたる2人。
ぱちぱちと薪の爆ぜる音が、湖畔の静寂に沁み込んでいく。
焚き火を囲み、カレーめんをすすりながら会話するなでしことリン。
やがて2人が待ちに待った瞬間が訪れる。
「見えた……ふじさん……」
なでしことリン、2人の出会いから始まるアウトドア系ガールズストーリー。
引用:ゆるキャン△公式サイト

アニメーション制作はテレビアニメ「スタミュ」などを制作したC-station監督は、本作「ゆるキャン△」にて初監督を努める京極義昭さんです。

制作会社C-stationはまだまだ制作作品も多くはなく、監督も今作が初監督作品にもかかわらず、ここまで人気が出た事はすごい事だと思います。

京極義昭さんの今後の活躍にとても期待が持てますね!!



キャラクターの圧倒的可愛さ、背景の綺麗さ

まんがタイムきららが原作のアニメはとにかくかわいいが追求されていることがほとんどです。代表的な作品としては「ご注文はウサギですか?」や現在放送中の「コミックガールズ」などですかね。そんな作品の中でも本作「ゆるキャン△」の可愛さは凄まじいものがあると思います。

なでしこちゃんがとにかくかわええ!!!!
なでしこちゃんのキャンプ飯を食べる姿がかわいいんですよね!とっても食いしん坊でよく食べます。なのに料理はできるというギャップもまたたまりませんw。

なでしこちゃんのかわいい画像を載せておきます。

©C-station
©C-station
©C-station

上記画像は第1話からの引用です。カップラーメンを食べてるだけでこの至福の表情。かわいいという言葉だけでは足りませんね。

また本作「ゆるキャン△」の人気の理由として、背景の美麗さもあると思います。

©C-station
©C-station

見事なまでの富士山の描写ですね!まるで本当の富士山を見ているかのような。これを見ると、実際に見に行ってみたくなります。

キャンプがしたくなる本格的なキャンプ描写

本作「ゆるキャン△」ではキャラクターたちがキャンプをしているだけでなく、度々キャンプ道具や施設の説明、ちょっとした豆知識などが紹介されます。

僕のようなキャンプをあまり経験した事のない人間からすれば、どれも「へぇーそうなんだ」と思う事ばかりです。

松ぼっくりが着火剤に使えるなんて思いもしませんでした。

テント、ランタン、シュラフなど、キャンプをする上で必要になる基本用具をしっかりと抑えています。

この作品を見て「キャンプめっちゃ楽しそう!やりたい!!」って思った人は僕だけではないはずです。



「ゆるキャン△」はこんな人におすすめ!

本作「ゆるキャン△」はストーリーに特別な起伏はありません。基本的には野クルメンバーやリンちゃん、斎藤さんのまったりとしたキャンプ描写が続きます。ほのぼの、まったりとしたアニメ作品は時として、だれて視聴者に飽きを感じさせてしまう事もしばしば。にもかかわらずこの作品は最初から最後まで安定して見れてしまいます。それはなぜなのでしょうか。

本作はアウトドア知識を織り交ぜつつ、LINEのようなSNSを用いた会話描写などという新しい表現方法を取り入れている点が新鮮であったと思います。

また本作、キャラクターがくどくないのという事が人気の理由の一つなのではないでしょうか。なでしこちゃんにしても天然キャラではありますが、それをゴリ押ししていないので見れてしまう。天然系女の子キャラは女性視聴者に受けがよくないことがしばしばありますが、なでしこちゃんに関しては男女どちらも受け入れられます。服装も変に媚を売っていないですし、とても好感触です。

このように、「ゆるキャン△」という作品はとにかくノンストレスなんですよね。頭を使わずに見ていられる、かつ時々深い事を言う、そんなところもまた魅力です。

シリアスなアニメに疲れた人、またはアニメ視聴が最終話まで続かない人は是非ともご覧になってみてください。

「ゆるキャン△」の総評

★★★★★★★★☆☆

本作ズバリ10段階中星8つをつけさせていただきます。

「ゆるキャン△」はほのぼの、まったりとした作風ですので、しっかりとストーリーが作り込まれた作品を求めている人には合わないかもしれません。万人受けしないという事で星8つとさせていただきました。

とは言ってもとても完成度の高いアニメである事は事実なので、こういう作風を見た事がない人もぜひ、本作からまったりアニメの扉を開けてみてはいかがでしょうか。

というわけで本日のレビューはこの辺で終了とさせていただきます。

また次の記事でお会いしましょう。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!


コメント

お気軽にコメントをどうぞ。